HOME>オススメ情報>全てを機械が判断して行なってくれる究極の自動化
電気修理

自動で機械やシステムを稼働させる技術

機械や装置、システムといったものは、それだけでは動くことができません。あくまでも人間が介在してコントロールすることで、機械などが本来持っている役割を果たすことができるのです。しかし人間はミスも多く、誤った操作によって目的とは違った結果を生み出してしまうこともあります。そうした事態を防ぐために開発されたのが自動制御と呼ばれるものです。自動制御では機械などが持っている役割を、人間の手を介在させずに自動で行うことを目的としています。1度電源を投入すれば人間が操作しなくても自動で目的を果たしてくれるというわけです。この記述はミスをなくすだけでなく、オペレーターを減らして省力化につなげるというメリットがあるのも特徴です。

センサーとプログラムで全体を制御

機械やシステムで自動制御を実現させるには、センサーやプログラムが必要になります。センサーは機械などの現在の状態を感知し、全体をコントロールしているプログラムへと信号を送ります。信号を受け取ったプログラムでは現在の状態が適正なものであるのか確認し、問題がある場合にはそれを修正するための動作を機械に指示します。このようにセンサーとプログラムとの間で数多くのやり取りをこなし、目的の状態を維持し続けるのが自動制御の役割です。

広告募集中